【2928】RIZAP『シックスセンス』

※下記2つとも毎日応援クリックで追い風を神風に!


にほんブログ村 株ブログへ
 
【1PC、1スマホごとに応援クリック有効】



前回、高波の予兆というテーマで書いてみました。

今回はシックスセンスというテーマで書いてみます。

米国市況が急落の中、ライザップは果たしてどうなるか?

今すぐ続きをチェック!




ランキングへ戻る他のブログを探す
---------------



スネーク『会長!2月2日未明に米国市場が急落したでござる』

DARK『日本市場への影響はどうですか?』

ぷろ『新しく直属になった情報屋DARKか』

ぷろ『米国株は、金融緩和状態でレパトリー減税を急激に織り込みすぎて、どこかで調整局面を必要としていたんや』

ぷろ『利上げ懸念から米国債の金利が上昇したことで、株式から米国債へのシフトチェンジが起こってるんやで』

ぷろ『株式の配当より国債の金利が大きくなると、保険などの長期運用の機関投資家が乗り換えるんや』

スネーク『国債の方がリスクは小さいでござるからな』

ぷろ『ドル円は円安に向かいやすくなるため、日本市場には米国ほどのインパクトはないと見てる

ぷろ『日銀のETF買いもあって、相関が薄れてきているのもあるしな』



米国市況1



DARK『ライザップへの影響はどうですか?』

ぷろ『外国人投資家の売買比率が高い東証一部は影響あるけれど、札証のライザップは心理的な影響しかないやろうな』

ぷろ『機関投資家の空売りの規模によるけど、短期筋が狼狽売りする程度やと思ってる』

ぷろ『日本の株式売買高の7割は外国人だから、米国市況はチェックしておいた方が視野が広くなるで』

DARK『分かりやすいサイトはありますか?』

ぷろ『バフェット太郎のブログが分かりやすいと思う』

http://buffett-taro.net/archives/29390286.html



ぷろ『むしろ狼狽売りは拾うのが正解やと思ってる』

スネーク『2月8日木曜日のカンブリア宮殿に向けてでござるな』

ぷろ『カンブリア宮殿はただの通過点にすぎないんや』

DARK『会長のシックスセンスですか?』

ぷろ『もともとライザップというのは、極端に下期偏重の決算なんや』

ぷろ『今年は第2四半期の説明会で売上未達理由の質問に、M&Aが遅れたためと回答していたし、M&Aを除けば売上・利益ともに過去最高と書いてあったな』

スネーク『会計のUOKの情報でござるな』

ぷろ『あれだけ瀬戸社長が下期決算に期待できるとホームラン予告をしておいて、まったくダメなら恥ずかしくてカンブリア宮殿に出演できるわけないやろ』

ぷろ『それに2月は他にも立て続けに講演会が続いてる』

https://www.nihon-ma.co.jp/seminar/maconf18/

https://www.mainichi.co.jp/event/culture/20180130.html

ぷろ『第3四半期決算がボロボロでこんなに外回りするとは思えん』

ぷろ『それに東証一部上場にコミットしていて、目的外のことに注力する社長ではないやろ』



DARK『会長のシックスセンスの根拠はそれだけですか?』

ぷろ『8月に五輪パッキングをM&Aしてから、12月にB&DをM&Aするまで空白期間があったな』

ぷろ『東証審査期間中にM&Aはできないことを思えば、東証の審査を受けていたと考えるのが自然やろ』

スネーク『確かに9月15日のIRにも取引所の照会等により開示と書いてあるでござる』

ぷろ『この取引所が札証ではないと思う理由は、エス・ワイ・エスを子会社にしたのが2017年3月ということもある』

スネーク『今更、札証が開示させたのでなく、東証の審査で開示したと考えるのでござるな』



9月15日IR



DARK『上場審査が長すぎないですか?』

ぷろ『時価総額1000億円以上の大型上場は、4ヶ月以上の審査と上場マニュアルに書いてあるんや』

ぷろ『シャープは東証二部から一部に復帰するのに、6ヶ月も掛かってるんやで』

ぷろ『クリスマスには、瀬戸社長が2018年度は毎月M&Aを行うと宣言もしてる』

スネーク『株主へのリップサービスなのではござらぬか』

ぷろ『隠されたクリスマスメッセージと考えるべきやろうな』



クリスマス記事1



ぷろ『今のライザップの状況は3パターン考えられるんや』

1、すでに東証から内定をもらっている

2、東証が第3四半期で実績を確認できたらOKと回答している

3、東証上場は諦めた



スネーク『確かに2018年度に毎月M&Aを宣言するとは、来期の東証審査がないとしか考えられないでござる』

ぷろ『株価が下がりそうになったら、フィスコやライザップから追い風が吹く状況と、予算が350億円と出せることを思えば、答えは絞られてくるはずや』

DARK『どう絞られるんですか?』

ぷろ『公募増資が近いから予算が出せるし、公募増資は7~8%とシックスセンスがささやくんや』

スネーク『時価総額5000億円×7~8%=350億円という計算でござるな』

ぷろ『こうやって状況証拠をシックスセンスで絞ることで、東証承認、公募増資、分割を予想してるんや』



武裸男『ヒャッハー!頭を絞ってもオチがないいい』

DARK『・・・』

スネーク『やっと帰ってきたでござるか』

ぷろ『武裸男がいないとボケがなくて、真面目なコラムになることが分かった』

武裸男『ヒャッハー!ボケがなくてオチつかないいい

ぷろ『シャラーープ!』



【あとがき】

次回は、ライザップが割高でない理由について書く予定です。

時価総額5000億円?PERが高い?だから割高?

何も分かっていない人は、表面上の四季報の数字で大きな誤解をしています。



※下記2つとも毎日応援クリックで追い風を神風に!


にほんブログ村 株ブログへ
 
【1PC、1スマホごとに応援クリック有効】

ランキングへ戻る他のブログを探す
ブログ内検索
リンク
最近の記事
プロフィール

【RDG】

Author:【RDG】
◆◆◆◆◆◆

【神獣ぷろ会長】

アニマルスピリット溢れるプロ投資家。必殺技は『見えざる神の猫手ぱんち』『チャンス招き猫』

損無利大の投資法
『ぷろ流カタリスト複合投資』

※チャンスを招いたネコも投資した後は神頼み。

萌え尽きるまで投資を楽しむニャー!

◆◆◆◆◆◆

【免責事項】

当サイトは私見です。

情報に誤りがあった場合、一切の責任は取れません。

投資判断は自己責任でお願いします。予め御了承下さい。

カテゴリー
月別アーカイブ