【2928】RIZAP『最強の材料』


にほんブログ村 株ブログへ
今すぐ支援↑

取りあえず応援↑


前回、声を聞くをテーマに書きました。

今回は最強の材料について書いてみます。

ライザップは調整を迎えるのか?

今後の展望がどうなるのか?

興味がある方は今すぐ続きをチェック!


ランキングへ戻る他のブログを探す
---------------

日経平均は強い一日でしたが、ライザップは上下動が激しい一日となりました。

機関投資家による振るい落しです。

機関投資家が空売りしているか札証のデータを見てみましょう。

11月2日 2億3000万円の空売り

11月6日 2100万円の空売り

11月7日 1億7000万円の空売り

完全に機関投資家が振り落としを狙っています。

11月2日は空売りの中で強い上げだったのに、なぜ7日は上ヒゲをつけることになったか調査しました。

どうやらバリュー株投資で影響力のある方が、利益確定を行いブログに書き込んだことが発端のようです。

バリュー勢がPERだけを見て一部追随したのでしょう。

実際、同じ方が7月にもブログで発表を行い調整局面となりました(※左から2つめの矢印)。

板が薄い銘柄では、情報発信力の強い方の影響も大きくなってしまうのです。

ライザップチャート6

投資には、バリュー株投資、グロース株投資、モメンタム投資、優待株投資など様々な手法があります。

それ以外にも投機勢も多くいます。

今回バリュー勢が一部撤収したことで、過去の赤い矢印の後のように調整となると見ています。

25日線まで一気の調整か静かな調整かは大口や機関投資家でどうとでもなります。

われわれ個人投資家が気をつけなければいけないのは、振るい落しは集めたいから行われるという事実です。

11月中旬には四半期発表が控えていますし、何よりいつ東証一部承認となるか分からない状況です。

東証承認IRが出れば、株価の急騰は明らかです。

本日、子会社の堀田丸正の上方修正がありました。

ライザップは手堅く予想し、利益が上振れしても先行投資に回したり、慎重な姿勢を持つ企業です。

東証期待が高まる中で、ライザップの仕掛けが始まっているように感じました。

海外投資家向けに専用のHPを作り、11月14日のアナリスト説明会の会場は同時通訳ブースがある気合の入りようです。

もともとライザップは吹けば飛ぶような小さな時代から世界市場を見据えています。

自ら飛び立てる力を得た今、世界へファーストインパクトを狙って気合が入るのも分かります。

本田宗一郎氏は町工場に毛が生えたような時代から、ミカン箱の上に立ち世界一を公言していました。

孫正義氏は、従業員がアルバイト2人しかいない時から、豆腐屋のように一丁二丁の単位で金を稼ぐと公言していました。

志あるところに道は拓ける。

組織はリーダーの資質でどうにでもなります。

今までライザップの特性をクローズアップしてきましたが、このDNAがある限り成長し続けるでしょう。

それに東証に上場し機関投資家が殺到している間は、PERも時価総額も関係ありません。

札証はオンライン証券会社だと4社でしか売買できません。

札証だと大口の機関投資家もまだ買っていません。

これらの殺到買いが起きるフィーバータイム前に売るのは、もったいないという感想です。

確かに北朝鮮というリスクがありますが、逆指値を置いておけばいいだけのことです。

需給はすべての材料に優先する。東証で最強の材料が需給であることが証明されるでしょう。

【あとがき】

1200円台に指値を置いて引っ掛からずに急騰したため、調整するなら買い増します。

応援のおかげでブログ順位も上がっております。

バリュー勢が撤収した後、新規に投資家を呼び込み楽しい祭を続けたいですね。

ライザップの株価に追い風となるような情報を提供していきたいと思います。

このブログを掲示板、ブログ、ツイッターなどで宣伝して頂けると幸いです。

ランキングの応援がモチベーションになっております。

いつも応援ありがとうございます!

↓新規投資家こっちで祭だ!という方は1日1回どちらもクリック!


にほんブログ村 株ブログへ
今すぐ支援↑

取りあえず応援↑


ランキングへ戻る他のブログを探す
ブログ内検索
リンク
最近の記事
プロフィール

【RDG】

Author:【RDG】
◆◆◆◆◆◆

【神獣ぷろ会長】

アニマルスピリット溢れるプロ投資家。必殺技は『見えざる神の猫手ぱんち』『チャンス招き猫』

【RDG会長】

損無利大の投資法
『ぷろ流カタリスト複合投資』

※チャンスを招いたネコも投資した後は神頼み。

萌え尽きるまで投資を楽しむニャー!

◆◆◆◆◆◆

【免責事項】

当サイトの情報に誤りがあった場合、一切の責任は取れません。

投資判断は自己責任でお願いします。予め御了承下さい。

カテゴリー
月別アーカイブ